West Papua

Wilsons BOP
Photo by Mr. S

JUGEMテーマ:旅行
 We started this long trip with me checking out Papua on my own in january 2011
I found that it was ardous and slow and not really comfortable but managed to fit
a short programme 10days.. thats short in Papuan standards.
Many preparations and was tiold that in august no local birder would be avaliable.

We found a solution.. where i will lead the group with a local indonesian.

We came up with  a route.. to get pictures of wilsons BOP(Bird of Paradise)
 and a couple of others.

The trip to battanta was by private boat and it was a nice boat ride.

Sometimes waves as high 3 meters happen as it did one week later with shitas group.

Shita was our local agent assisting with arrangements.There is a lot of arrangements to be done.We must thank shita for her help and advise.

We manage to get pictures of Wilsons BOP and clients were pleased.

Over the next few days at our next stop for 12 Wire and Lesser BOP. We not so fortunate with the wheather.


There was a tropical storm and it rained almost every day...

We did get some pictures of the BOPs and tried our luck for the
Paradise Kingfisher which turned out more difficult requiring a lot of time.

We travelled to Biak but due to a shortage of time we got only one picture of the bird we were after namely the endemic Bak Paradise Kingfisher..

Our next trip if all goes will be to arafak for 08days and Biak and numfour for 05days..Lots of thanks to Mr. S-san and Mr. K-san for trusting us to arrange
this very new birding area..
Shyam Parmar

2010年6月10日 ジャングルトレッキング

JUGEMテーマ:旅行
今日は半日ジャングルトレッキングです。
朝07:30にホテルを出発、まずは準備運動も兼ねて
30分程のショートトレッキング。アップダウンもありません。
ボスが熱帯雨林のエコシステムの説明をします。
みんな、「へーそうなんや!なるほど!」と聞いてくれてます。
とっても微笑ましい光景です若いっていいな

最近いつも夕方に雨が降り、落ち葉が湿っているので
「ヒル」の心配をしていましたが、1匹も見つからず
「蚊」は熱帯にはつきもので、いっぱいいました。
ちなみに、 は、黒い色に寄ってきます。ご注意を

場所を移動して、滝のある公園で今度はきつめのトレッキング。
滝の横にある階段やトレッキング道を滝の上まで登っていくので、
かなりしんどいのです。
また、いつもはそんなにいない「ヒル」もたくさん
Tさん、「刺されてみたい!」と喜んでいらっしゃいましたが、
結局刺されたのはボスだけでした
(裸足でストラップ付きのサンダルですから。。。
ジャングルに入る際は、決して真似しないように


今はスクールホリデーなので、下の方の滝では現地の人たちが、
泳いだりバーベキューしたりと賑わっていましたが、
上の滝は貸し切り状態。早速水着に着替えて水遊び。
滝の岩は大変滑りやすく危ないので、ボスの指示に従って、
の出た場所でのみ泳ぎます。
童心に帰って、滝に打たれたり泳いだりもぐったり、
持ってきたローカルフルーツやマレーシアのお菓子「クエ」を摘まみながら、
森林浴。
体の中に溜まっている淀んだものがドンドン出ていって、
きれいな空気が吸い込まれ、体の隅々まで行き渡ってていく、
そんな気持ちです。

帰りは下りで楽ちんかと思いきや、結構な急こう配のところもあり、
下りの方が足に力が入ります。
普段運動していないと、膝がになります。

無事に下まで降りたところで、オウチュウカッコウの若鳥が、
血のつながりのないお母さんであるチメドリに餌をねだっていました。
ちなみに、オウチュウカッコウの大きさはチメドリの2倍以上。
そうです。カッコウの托卵です。仮親のチメドリ、子育てがんばって!

最後にカニクイザルに会いました。
Iさん、サルと写真を撮ろうと近づいたところ、に「餌を横取りされる!」と思われて、
あわや攻撃されるというハプニングあり 怪我なくてよかったです

Safari、太もも筋肉痛です


2010年6月2日 クアラルンプール&クアラセランゴール

JUGEMテーマ:趣味
今日はこれから1か月マレーシアで長期滞在されるご夫妻と日帰り探鳥。
まずは、クアラルンプール近郊の公園へ。
昨日の夕方激しい雨があったため、
今朝は野鳥がより活発で、あちらこちらから声が聞こえる
初めに朝の挨拶に出てきてくれたのが臆病者のシロハラクイナ
まだ少し薄暗い中、アオショウビンの姿も見える。
メグロヒヨドリがたくさん飛びまわっている。
しばらくすると、どこからともなく大きな鳴き声。
コウハシショウビンだ。声は聞こえども姿は見えず。
ボスが口笛で鳴き返すと、負けじと向こうも鳴き返す。
何度か繰り返しているうちに、出たー 
「だれやねん 朝からうるさいなー」という感じだろうか。
森の中からコウハシショウビンが飛んで、木に止まった。
少し遠いけれど、ご夫妻にお借りしたスコープで観察。
早くスコープ買い替えないと、うちのは古すぎて使い物になりません)

その後、別のスポットに移動。
コウライウグイスの親子やアカメチャイロヒヨの親子とご対面。
カンムリワシも近くでしかも低い位置で見ることができた。

少し森の中に入ると、きれいな鳴き声が
ボスのお得意の口笛に、反応している。
なんだかすごく近いようだ。「いたー」とボス。
アカハラシキチョウである。この鳥はシキチョウと同じ仲間で、
ものすごく気が強いので、ボスが鳴いている限り、
「なんやねん、来るなら来いや」と動かない。
スコープで堪能させてもらった。
その後は、飾りオウチュウのこれまた親子。
マレーシアでは、四季がないので、日本のように繁殖期が決まっていず、
一年中いずれかの野鳥が繁殖しているのだが、
2-3月に仲良くなって、4月-6月に子育てする鳥が多いようだ。
で、気がつくとまた私だけヒルに刺されていた

少しバイク道に入ってみると、ハイガシラヒタキが
かわいらしい姿を見せてくれた。

そうこうしているうちにお昼となったので、醸豆腐の昼食とする。

午後はクアラセランゴールへ向けて出発。
道中男前のカタグロトビを観察。
海岸では、私の大好きな鳥コハゲコウと再会
このぶさいくさ、くせになります
ナンヨウショウビンは営巣していて、なかにいる幼鳥に餌を運んでいました。
そして、またもやカンムリワシ!なんと道路わきの電柱に

クアラルンプールに戻る前に、
ブッポウソウダルマオナガインコキュウカンチョウにも会えました。
そして、またもやカンムリワシ。今度は若鳥でした。
成鳥と違って頭は白に黒の点々があって、かっこいいんです。

野鳥との縁は人それぞれですが、今回はカンムリワシとの縁が強かったようです。
1日に3-4個体見るのことは、あまりないです。

日も暮れ始め、今日の探鳥はこれでおしまい。
一路クアラルンプールへと戻りました。

合計観察野鳥41種

<クアラルンプール 23種>
チャイロゴシキドリ、コウハシショウビン、アオショウビン、サトウチョウ、カノコバト、
チョウショウバト、シロハラクイナ、カンムリワシ、コウライウグイス、
カザリオウチュウ、オオモズサンショウクイ、ハイガシラヒタキ、シキチョウ、
アカハラシキチョウ、ジャワハッカ、メグロヒヨドリ、アカメチャイロヒヨ、
コアカメチャイロヒヨ、カンムリオリーブヒヨ、チャイロハウチワドリ、
ノドグロサイホウチョウ、ハイムネクモカリドリ、シマキンパラ

<クアラセランゴール 24種>
ブッポウソウ、アオショウビン、ナンヨウショウビン、ダルマオナガインコ、カノコバト、
チョウショウバト、イソシギ、アカアシシギ、シロガシラトビ、カタグロトビ、
カンムリワシ、ダイサギ、アオサギ、ムラサキサギ、ササゴイ、コハゲコウ、
イエガラス、コウライウグイス、ミドリカラスモドキ、カバイロハッカ、
キュウカンチョウ、リュウキュウツバメ、メグロヒヨドリ、スズメ

 今日の鳥 カンムリワシ(Safari)

Sulawesi Indonesia & Langkawi 30 Apr-08 May 10

JUGEMテーマ:旅行
We finished a rewarding trip with two of our clients.           
A total of nine days with langkawi too.
Two and the halfdays was spent on travel.
Hence a total of five and half days of bird photography 
as clients were photo birders.
We found 11 species of kingfishers and managed to
photo 10 species.
5 species of Hornbills got photos of all. 
3 Species of Owls got photos of two. Sulawesi Scoops Owl
and Sulawesi Ochre-bellied Boobook good shots.
Raquet-tails with a very electrical call, Purple-winged Roller,
Sulawesi Triller, Brown Cuckoo Dove, Ashy Woodpecker,
Sulawesi Pygmy Woodpecker, lovely Ornate Parkeet
and both endemic Hanging parrots, Black-Naped Fruit dove,
White-Brested Imperial Pigeon, Silver-tipped Pied Iimperial pigeon.
We were lucky to see 50 Knobbed Hornbills fly over our head.
The list of endemics was endless the wheather was good
and very easy birding.
We enjoyed the trip with spectacular views of volcanos
and eastern tarsiers and crested macaque.
Langkawi was easy birding as it was at our backyard.
Brown Wing kingfisher and all three resident Hornbills.
Our next Oversea trip will be Victoria Australia.


<Sulawesi Bird List>
Lesser Frigatebird, Common Tern, Javan Pond Heron,
Little Heron, Brahminy Kite, White-bellied Sea-Eagle,
*Sulawei Serpent Eagle,* Sulawei Hawk-Eagel,
Tabon Scrubfowl, Barred Rail, *Isabelline Bush-hen,
Common Sandpiper, Brown Cuckoo Dove, Emerald Dove,
Green Imperial Pigeon, *White-bellied Imperial Pigeon,
*Silver-tipped Imperial Pigeon, Black-naped Fruit-Dove,
Grey-cheeked Green Pigeon, *Ornate Lorikeet,
*Yellow-breasted Racquet-tail, *Golden-mantled Racket-tail,
Blue-backed Parrot, *Sulawei Hanging Parrot,
*Small Sulawei Hanging Parrot, *Black-billed Koel,
*Yellow-billed Malkoha, Lesser Coucal, *Bay Coucal,
*Sulawei Masked Owl, *Ochre-bellied Boobook,
*Sulawei Scops Owl, Grey-rumped Treeswift,
*Black-billed Kingfisher, Ruddy Kingfisher,
*Green-backed Kingfisher, *Lilac-cheeked Kingfisher,
Collared Kingfisher, Sacred Kingfisher, Common Kingfisher,
*Sulawei Dwarf Kingfisher, *Purple-winged Roller,
*Sulawesi Pygmmy Woodpecker, *Ashy Woodpecker,
Pacific Swallow, Grey Wagtail, *White-rumped Cuckoo Shrike,
*Sulawesi Triller, *White-shouldered Triller,
*Sooty-headed Bulbul, Hair Crested Drongo,
Black-naped Oriole, Slender-billed Crow, *Sulawesi Babbler,
Black-naped Monarch, White-breasted Wood-swallow,
*White-necked Myna, *Grossbeak Starling,
*Sulawei Crested Myna, Brown-throated Sunbird,
Olive-backed Sunbird, *Black Sunbird,
*Yellow-sided Flowerpecker, *Grey-sided Flowerpecker,
Black-faced Munia, Chestnut-headed Munia,
Pale-headed Munia
*Sulawesi Endemic

<Langkawi Bird List>
Lace Woodpecker, Great Slaty Woodpecker, Geat Hornbill,
Wreathed Hornbill, Oriental Pied Hornbill, Dollarbird,
Brown-winged Kingfisher, Collared Kingfisher,
Chestnut-breasted Malkoha, Greater Coucal,
Blue-throated Bee Eater, Chestnut-headed Bee Eater,
Brown-backed Needletail, Spotted Dove,
Pink-necked Green Pigeon, Purple Swamphen,
Common Moorhen, Red-wattled Rapwing, Jerdon's Baza,
Brahminy Kite, White-bellied Sea-Eagle,
Chinse Pond Heron, Purple Heron, Yellow Bittern,
Asian Fairy Bluebird, Black Drongo,
Greater Racket-tailed Drongo, Common Myna, Hil Myna,
Pacific Swallow, Black-headed Bulbul, Yellow-vented Bulbul,
Red-eyed Bulbul, Zitthing Cisticola,
Dark-necked Tailorbird, Crimson Sunbird,
Brown-throated Sunbird, Olive-backed Sunbird,
Paddyfield Pipit, Plain-backed Sparrow,
Scaly-breasted Munia, White-headed Munia

By Shyam

Sulawesi 1

2010年4月29日-5月8日スラウェシ島&ランカウイ島

JUGEMテーマ:趣味
5月8日(土)
今日は最終日。
まずは、まだちゃんと見れていないミナミヤイロチョウを探す。
声はあちこちから聞こえるのだが、
姿を見つけるのが難しい。
しかし、やっとやっとやっと姿を現した
が、なんとも説明するのが難しい場所にいる。
ボスも一生懸命説明しているが、なかなか見えない。
証拠写真は撮れたと言ってもらったけど、
しっかり見せられず、申し訳ない

カササギサイチョウがいた。道に降りてきては
落ちている木の実を食べている。電線にも止まる。
こんなカササギサイチョウ初めて見た。
でもすごく近くで見れて幸せ

タケアオゲラが営巣しているのも発見。

赤いタイヨウチョウのキゴシタイヨウチョウにトライし、
その後ナンヨウショウビンセイケイバンを撮って、午前の探鳥終了。

午後の探鳥に出発しようとした時に、ハプニング発生。
ランカウイからクアラルンプールの飛行機が遅れるとのこと。
これでは、クアラルンプールから日本への乗り継ぎ便に
間に合わないかもしれない。急きょ予定を変更し、空港へ行き
1便早い便に変更。よって夕方の探鳥は取りやめに。
なんとも最初から最後まで飛行機に振り回されてしまった
でも、怪我も病気もなく、無事にツアーを終えることができました。

 今日の鳥 ミナミヤイロチョウ

<ランカウイ観察野鳥 18種>
タケアオゲラ、カササギサイチョウ、ブッポウソウ、ナンヨウショウビン、
チャムネバンケンモドキ、オオバンケン、ルリノドハチクイ、セイケイ、
バン、シロガシラトビ、ヨシゴイ、ミナミヤイロチョウ、オウチュウ、
カザリオウチュウ、キゴシタイヨウチョウ、チャノドコバシタイヨウチョウ、
キバラタイヨウチョウ、シマキンパラ

スラウェシ島では、合計69種 内35種が固有種
ランカウイ島では、合計44種
の野鳥と出逢うことができました



カレンダー Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最近の記事 Recent Articles

カテゴリー Categories

月別の記事 Archives

最近のコメント Recent Comments

リンク Link

自己紹介 Profile

書いた記事数:27
最後に更新した日:2011/09/01

ブログ内検索 Search this site

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM